サーマルコントローラ

小型ファンコントローラC600

デグリーコントロールズは、RPMリアルタイムの空気速度計測値に基づいたファンRPMを調整、制御するユニークなファン制御器C600の有用性を紹介します。これはフィルタ目詰まり、入り口封鎖或いは多様なコンポーネント密集状況とケーブルのような外部要因が気流速度に影響する実システムでの空気速度が有効で実際のシステムで維持されているのを保証する望ましい方法で気流速を確認するのに理想的なリニア出力を得る方法だといえます。

お客様は、センサの位置する場所の希望の空気速度を製品のプロトタイピング或いは分析ステージでの実測から得られたセットポイントとしてプログラムします。捕らえられた空気速度は、ファンのPWM制御入力を作り出すためにセットピントと照合されます。この様なやり方で、C600は希望の空気速度を維持するためにファンRPMを増減させます。

また、制御装置はI2CかUARによってホストシステムと通信します。そして、それは空気速度、気温および作り出されるPWM信号をリアルタイムですべて提供できます。お客様の冷却ファンは希望の流れのリクワイアメントを作り出すことができなかった場合、制御装置はシステムに低流速警報を励起する事になります。また、C600は温度もま検知することが出来ますので、2番目に構成可能な温度上昇警報をシステムに加える事ができます。 ファンRPMをモニターするために、システムの中にアクセスがあれば時間が経つにつれてファンRPMで検知された空気速度を照合することによってフィルタ障害物を予測することは可能です。

また、進んだユーザーは、気流速セットポイントに替わって温度目標値を使用することでファンスピードを制御するためにC600を実装する事でしょう。この場合、C600は、同調型PIループを使用することで所望温度を維持するためにファンRPMを調節する事になります。

これは、0.1インチセンター標準7ピンに準拠した1インチ平方以下の非常にコンパクトにまとめられた制御器です。このデバイスは直接プリント基板にマウントされ、システム上もとっも重要な場所の温度及び気流の流れを検知することが出来ます。

長期信頼性、ファン騒音および消費電力がアプリケーション上で重大な関心事であれば、C600ファン制御器を実装することは熱特性が迎えられるのを保証する最も多くの効果的変数を最適化していく効果的な方法です。

C600の詳しい情報については弊社販売代理店にお尋ね下さい。