熱設計

熱設計

デグリーCの中核を成す気流と熱技術の為の中核技術(CATT)は、最も最適な熱設計を達成するためにシステム、ボード、および部品レベル熱解析をお客様に提供します。分析、シミュレーション、およびデザインのプロセスを通して、CATTはお客様が商品デザインの将来の生産時のコストに焦点を合わせて検討を重ねている間、その商品の最も洗練されたレベルの熱管理を提供できます。主用途は、ヒートシンク分析などの部品レベル熱設計と同様に規模の大きいファントレーの設計などを含んでいます。熱管理分野でのCATTの専門的技術と経験は、商品の高い性能を実行するのを確実にします。システム設計がより強力になって、これまで以上多くの熱を排出するようになって、製品信頼性とデザイン・インテグリティに適切な熱設計は重要になっています。
CATTプロジェクト事例として以下のようなプロジェクトがあります:

  • 気流要件の定量化
  • ファン選択とその位置決め
  • 最適な基幹部品の冷却手段とその基板設計及びレイアウト
  • 事前故障シナリオ調査


加えて、CATTプロジェクトはまた顧客のデザインの検認試験の完全に一貫したラインを提供します。

下記は研究発表資料へのリンク関連です:

エレクトロニクスの熱管理

この研究発表は、どのように商品の発売遅延を減少させて、系統的な熱設計とバリデーションで信頼度を改良するかを議論します。

デグリーコントロールズが、お客様の熱管理デザイン、分析、CFDモデル化、およびコンプライアンス評価でどう支援できるかに関してもう少しお知りになりたいなら、デグリーCのIQS事業部にに連絡してください。